Blogブログ

ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。

浜口が個人で使用してる秘薬

日本の化粧品 医薬部外品 医薬品というのは、素晴らしい制度です。

その、反面なかなか、効果があるもは、医薬品でなかなかさくっと買えなかったり、値段が高かったりします。

そこで、美容師と薬剤研究を20年以上の浜口が個人輸入して、日頃使っている、化粧品〜医薬品を初めて載せます。40代にしては、割と若く見られる方なので。薬品オタクは、普段家で何を使っているのか、すごくお客様から聞かれるので。。。

決してオススメしているわけではないですよ。よく聞かれるので紹介です。

(もし、どうしても使用したい人は、個人輸入なのであくまで自己責任でお願いします。)

ヒルドイドフォルテクリーム(HirudoidForteCream)

ヒルドイドの保湿クリーム、全身や顔、ハンドクリームとして使います。​まとめて買うとめちゃめちゃ、コスパ良いので一番ヘビロテしてます。パッケージもオシャレなので、映えます。オシャレなのでカバンにも1本入れています。(海外からなので、1本とかで買うと送料でえらいことになります。)

画像7

ヒトプラセンタジェル(Placentrex Gel)

目の下のたるみが出た時に、ハリを出したい時のみ使います。お風呂上りや、就寝前にしか使いません。男なのでメークとの相性は、わかりませんが、朝付け足さなくても、寝る前につけるだけで、ハリはしばらく持続してくれます。母親プレゼントしたら、合わないと言って返却されたので、少し効果の強い薬だと思っていただけると良いかと思います。

画像4

ビマトアイドロップス0.03%

ルミガンです。自分は、眉毛の端っこが少し薄いのですが、男性は眉ペンやアートメークをすると変な感じになるので。増毛するのが一番です。まつ毛用ですが、裏技的に眉毛を濃くするのに使います。茶色の色素沈着という副作用も、眉毛を濃くするにはむしろ良いです。眉毛と眉毛の間には、絶対につかないようにしましょう。(オモシロくなってしまいます)

これは、効果も高く海外製ですが流石に目薬なのでめちゃめちゃ安全性高く合わなかったという人は、聞いた事がありませんし。女性なら、海外からのお土産でお願いしたり。日本の美容系のサロンでも見かける有名なお薬ですよね。コスパも良い良薬ですが、眉毛は毛周期と言って生え変わりが速いので、やめると途端に元に戻ってしまいます。

画像7

[BIHAKUEN]ハイドロキノン4%]

左の頬に一箇所、シミというか傷の色素沈着があってレーザーでは取れないらしいので、最近はこれを塗って寝ています。非常に刺激の強いビフナイトみたいにつける事が前提です。

画像8

ここまでは、誰もが使える美容の情報です。

ここから、下の記事は男性専用です。

現役美容師が使用している育毛剤や、コスパの良いAGA薬等の、お薬を載せています。

リグロースラボM15[ミノキシジル15%]

いろいろ、使ってみましたがこれが一番効果とコストのバランスが良いです。寝る前のみです、かなりベタつくので髪型が変になります。

朝はスタイリングに影響が出ないよう、精製水か水で30%程度に薄めたモノを使用したりします。(それでもミノキシジルの濃度が5%もあります。発売当初あれだけ話題になった、リアップの初期のモノが1%ですから効果は、十分です。)

画像3

フィンペシア(キノリンイエローフリー新タイプ)1mg100錠 + ミノキシジルタブレット(Noxidil)5mg100錠

知らない美容室に髪を切りに行ったら、心ない美容師さんから薄くなってきたんじゃないかと言われたので。その日から飲んでいます。今は、まだ予防なので2日に一回飲んでます。

画像2

フィンペシア(キノリンイエローフリー新タイプ)1mg100錠 + ミノキシジルタブレット(Noxidil)10mg100錠

トップがだいぶ薄くなった、65歳を過ぎた親父に飲ませたら、少し生えた最強の薬です。最初からは、オススメしません。5mgか、ピルカッターで割って飲むことをオススメします。

画像1

以上です、今シミ抜きのハイドロキソノン系を濃度を変えたりして更にいくつか試していますので、今後お楽しみにしてください。  

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事